実被害が大きければ大きいほど

交通事故は、どのくらいの損害を被っているか、という点によって、行われる賠償の額も異なってきます。完全に10対0という責任の割合になることは少ないですが、それでも責任が大きければ大きいほど、賠償額も高くなります。ただし、これは交渉次第で、ある程度上下してしまいます。そして被害者側が、本来受け取れるはずだった保障額を、受け取れずに終わってしまうこともあります。これは、弁護士に相談しようとせず、一人で済ませてしまった時に起こりやすい問題です。

弁護士に相談することによる最大のメリットは、そういった保証額が平均的に高額になる可能性が高い、というメリットです。弁護士はいわば法律のプロ、どのような事象にも対応することができます。特に自動車事故に関しては相手方が加入している保険会社との交渉が重要ですので、そこでより自分達に有利な結果に進めていくか、という点が重要になります。

私達一人で行えないことではありません。しかし、弁護士に頼ることの方が賢い選択と言えます。もし、そこに後遺障害が絡んでいるならなおさらです。それには、受け取れる保障額、そしてそれに関連する、等級認定における「等級」の認定が関係しています。